.

予期せず、思いがけず起こるのが交通事故です。クレジットカード比較

ここでどう対処したことにより保険料の支払額も相当大きく差が出る状況も予想できますので落ち着いた決断と対応力が求められます。

思っていないケースで気が動転してしまったら大事な事を忘れてしまい、この先己が大損をしてしまう状況も考えられるので交通事故に遭遇してしまった場面では正確に以下の対応するとよいかもしれません。

自動車事故を起こしてしまった場合に一番にする必要があるのは怪我をした方の確認です。

交通事故直後は呆然としてしまう時がありなかなか行動を起こせないのが一般的です。

その状況では、重軽傷者がいた時に安全が確認された地点へ運んで応急な手当をして、周囲の人に助けを呼ぶなど負傷者の最優先に努めることが重要です。

119番に電話をする場面では正しい場所を連絡して、不明な場所では付近の分かり易いお店や交差点を告げて事故の現場の場所が分かってもらえるようにします。

その後警察に通報して、自動車事故があった事そして現在の様子を知らせます。

救急車とパトカーを待っている間に怪我人の身元をチェックします。

氏名、住んでいるところ、電話番号、免許車のナンバー事故の相手の方の保険の会社名等それぞれの身元をやり取りします。

この場面で相手方にミスが存在する時にはその場所で片付けようとするケースがよくありますが現場で解決するのではなく、どのような時にかかわらず110番や保険会社に届け出てちゃんとジャッジしてもらうことが重要です。

各々の身元を教えあったら他の交通の妨害になることをやめるために障害となる物を路上から取り去ります。

もしも妨げになった物が他人の自動車の邪魔となっている場合にはお互いの情報交換をするより早くこれを行っても問題はないです。

ここで自分自身が自動車保険の会社に電話をして、自動車事故があった旨を連絡します。

自動車での事故から特定の期間の時に自動車の保険会社に電話しておかないと車での事故の保険の適用外に状況も考えられるのでできるだけ遅れることなく電話をすることが大事です。

事故現場の様子として、カメラや携帯のカメラ等で事故現場や車の破損の状態を見ることができる写真を撮っておきます。

その証拠写真は責任の割合決定する大きな糸口とできますので己の車や先方の車の破損箇所を全部手がかりとして残しておきましょう。

目撃した人がいたら警察の人や自動車保険会社が着くまで事故の現場にいてもらえるように依頼するのも忘れてはいけません。