.

外国為替証拠金取引に関しての興味深いところは一つの投資商品であるのですが投資期間を短期スタンス・中期スタンス・長期スタンスという3つの期間からどれを選ぶのかということによって、投入の手だてがまるっきり異なる部分にあると言われます。

まずは外貨投資する「長期の投資」に関して詳しく見てみましょう。

長期のスタンスというのは、一年以上の出資期間を基準にしているのが通常です。

普通は為替の相場で一年以上も後々のレートが円高と予測するか、ないし円安かどうかを連想するのは多くの場合難題でしょう。

普通の人は「そんなに後々の未来のことは予知できない」と思うのが当たり前なのです。

予測もできないのに頭を使って予測しようと努力したところでそれは無謀なことです。

したがって外国の貨幣を買ったら、そのレートよりも円高になってしまってもそのうち返ってくるはずだというポジティブな感覚で参加するのがベストです。

差益をアグレッシブに追いかけるのではなく、他の利益それはスワップポイント(異なる通貨間の金利格差)を上げることを一番の目的と決めてお金を預けてみましょう。

無論短期間で為替差損にマイナスが非常に大きくなってしまうことがあります。

そんな訳でそんな損に耐えられるようにレバレッジをできるだけ少なめに設定する心がけは必要です。

FX(外国為替証拠金取引)は、損が決まった範囲を超えて大きくなってしまうと、追い証が必要になったり、もしくは損切りがかけられたりします。

ストップロスがかかったら取引を打ち切りすることになり長期トレードは厳しくなります。

こういったリスクを回避するにはレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2?3倍で取引する方が良いでしょう。

次に中期の投資での取引を説明します。

中期のスタンスのケースは、長くても2ヶ月位経った頃を考慮してのやり取りであります。

為替の取引のケースでは、1ヶ月ほど先のことは、ある程度予測可能でしょう。

先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議(G7)などのような世界的な集まりであったり為替の市場に参加している人たちがどういう点に興味を持っているかを聞いてみれば、それなりに予想がつくはずです。

ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)をチェックしながら、チャートを参照することによって為替のレートの動向を理解する事ができ、トレードをジャッジするのがいいと思います。

基本的に、経済情勢とテクニックの両面で良い感じであり、または買いが同じ時は、まず予想通りに行くと思って良いでしょう。

その際は保有高を増やせば多くの利益をもらえるのはほぼ確実です。

最後は短期のポイントです。

この短期トレードとはすなわちデイトレードを言っています。

為替でデイトレをする時経済の状況はいっさい影響しないと言い切れます。

どうしてかというと次の日の為替のレートの動向に経済の状況は絡んでいないからです。

ここでコツは大規模な催し物がある場合、それが影響して為替レートが大きく変化する瞬間を見逃さないよう行動しましょう。

たとえば米国において雇用の統計が出されるあるいは金融政策等によって制作金利が変動するくらいのこと。

こんなタイミングに変わり目を見逃さないとの意味から、短期のトレードでは様々な知識が必須になる。