.

自賠責保険とは正式名称で自動車損害賠償責任保険、略して自賠責保険と言われるものです。

このような保険は強制保険とも呼ばれていて、愛車を車検に通す場合は、決まっている車検の期間に効果のある自賠責保険に加入している必要があります。

わかりやすく言えば、全ての自動車は加入が必要だという保険なのです。

ではその車に自賠責保険がついたまま手放した時にはどうなるでしょうか。

自賠責保険は車検時に更新をするというケースが比較的あったりしますが、仮に自賠責保険に入っているクルマを売却したケースでは保険料が返還されるという事例はほとんどないでしょう。

なぜならば、自賠責保険の加入を一回消して、次の所有者に移行するのは結構面倒なのです。

ですから自賠責保険は、名義変更をして車とともに手放すことが一般的です。

ただしそれと同等の金額を代金に上乗せしてくれます。

強制保険の場合は自動車税と違い、既に納めた保険額を月単位で割った金額が返金されるのではなく、査定に乗っけるといったような手法がとられるのが一般的ではありますが、こういったことが見積表に明記されるようなことはほとんどありません。

そのため、車買取時は自動車損害賠償責任保険を考慮した金額が買取額に反映されているかをチェックする必要があります。

自分が納めた金額がどれだけかということを知っておけば、間違いはないと思います。

その自賠責保険の保険料は加入していた期間で変わってくるので、注意が必要です。

自動車の乗り換えの場面では自賠責の名義を書き換えする必要があります。

もしもこの作業をせずに放っておいたら保険業者から自分宛に自賠責の満了の知らせが来ることになります。

査定を検討中の愛車がほんの少しでも高く売却できることを応援したいと考えています。